太陽光で資産活用|不動産投資で失敗しないために|余裕のある生活ができる

不動産投資で失敗しないために|余裕のある生活ができる

ウーマン

太陽光で資産活用

太陽光発電

電気を売却して収益を確保

太陽光発電というと、自宅の屋根にソーラーパネルを設置するイメージがあります。しかし2012年に始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度を利用すれば、太陽光発電設備は有効な資産運用になります。産業用ソーラーパネルを使って大量の電気を産み出し、電力会社に売却して収益を上げる仕組みです。この投資には広い土地が必要になり、また太陽光発電システムを設置する手間もかかります。土地付き太陽光発電は、あらかじめ土地と発電システムがワンセットになった投資物件です。土地を探したり発電システムを設置したりする時間が節約できるというメリットがあります。また物件の一区画だけに少額投資できる土地付き太陽光発電もあります。

買取価格に注意

土地付き太陽光発電の収益は、電気の買取価格によって変わってきます。日本では買取価格が20年間固定されており、安定した収入を得ることができます。ただし将来的には固定価格の引き下げも予定されているため、できるだけ早めに契約を結んだほうが有利と考えられます。投資の時期を逃さないよう気をつけてください。土地付き太陽光発電は土地ごと買い取って設置する場合と、借地に設置する場合があります。固定価格買取期間終了後のことも考えて選ぶことが大切です。またソーラーパネルが汚れたり草が生えたりすると発電効率が下がるため、メンテナンスは欠かせません。物件を選ぶ際には、管理体制がしっかりしているかも確かめる必要があります。